FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨取材旅行1日目  西穂高岳!!

西穂高

早朝に写真家の豊田さんと車で飛騨へ向けて出発。
まずは高山市で取材と思い、2か所候補を考えていました。

旧高根村の火祭りの会場にある白樺群生地か、新穂高ロープウェイで上にあがるか。
車の中で話し合った結果ロープウェイに決定。

しかしよく考えてみると、そこだけでは取材時間がたくさん余りそうです。すると豊田さんから「森さん、登山の準備ってしてきてます?」の一言が。
滝など行く予定にしていたから「もちろん靴も服装もばっちりです。」と答えました。

そのやり取りで急きょ西穂山荘まで登ることに決定。

朝8時半にロープウェイに到着し山荘付近の情報を集めると、ロープウェイ終点から先は30cmの積雪だそう。
山荘にも問い合わせたところ道は歩きやすい(全行程雪積の登山道前提で)とのことでしたのでGOサインを出しました。
アイゼンは持ってないけど途中の道に危ないところは無いですし、荷物は軽い。天気は無風曇りで凍結する気温でも無い。よし、行ける。

突然の予定変更にわくわくしながら、登山開始です。
最初は雪道に恐る恐るでしたが、なにせ雪国育ち。すぐに慣れ、急な登りはスキーのときのハの字登りで、急なくだりは側面のエッジを効かせながらカニ歩きで。ほとんど夏道と同じスピードで歩けます。

豊田さんはカメラ道具一式を持っているから荷物の重量が半端じゃありません。
途中で「アイゼン付けていいですか?」との一言。

なぜアイゼンまで持ってるんですか!!??
もともと山登りの予定は無かったはずなのに・・・豊田さん準備良すぎです。しかも12本ツメの本格的なヤツ!

さて道中撮影もしながら山荘へ到着。お昼にうどんをいただき、すぐ上にある見晴らしのいい丸山まで登りました。写真はそこから西穂高岳に向けてのスナップです。

西穂山荘情報はこちら

豊田さんも十分撮れたとのことでしたので下山開始。
雪のおかげで膝への負担もほとんどなく、あっという間に下りました。
途中5回くらいこけましたけどね・・・

豊田さんはアイゼンとポールのおかげでまったく危なげ無い下山姿。やっぱり転んだら機材に影響するし、あらゆる危険を想定して装備を準備してきた豊田さんはやっぱりプロだなあ。さすがです。

その日は高山市内で打ち合わせもして、取材1日目終了です。(つづく)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スゴいっ[i:63915]

取材旅行っていうから、高山の古い街並みなど散策するのかと思ったてら…。
雪国育ちとはいえ、いきなり雪山登山とは…スゴいっ!!
無事でなによりでした。
取材報告の続き、楽しみにしてます。

余談ですが、明日20日は高山市民吹奏楽団の第41回定期演奏会が開催されます。
過去には森くんにもお世話になりましたね。

No title

ゆっくん様、

雪山とはいえ、土地勘があるし状況から大丈夫と確信できましたので行けました。もちろん天気によっては不可能でしょうね。

明日の定期演奏会のご成功をお祈りしています。
竹内さん、岩井先生もご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか?
素晴らしいコンサートになりますように・・・

急遽の雪山登山に対応できるお二人はスゴイ

お披露目楽しみです!

わわわわ!!!

西穂高!!!
羨ましいですっ!
先輩も豊田さんもすごいですね。ご無事で何よりです。
今度豊田さんの撮った西穂の写真を見たいです!
引き続き、頑張ってくださいね!

No title

うぽ様、

予定変更も旅の楽しみのひとつですよね。うまくいってよかったです。


くろだ様、

西穂高いいでしょ?あそこからしばらく登るとその先は完全な岩場になるんだよ。
豊田さんの作品が楽しみです。
プロフィール

morijunichi

Author:morijunichi

東京フィルハーモニー交響楽団の
ファゴット奏者 森 純一 です。

2010年9月にCDを発売致しました。(税込1800円)
(プロフィール写真はCDジャケットです。)


CD「森純一 Made in 飛騨」ご注文・お問い合わせフォーム


収録曲についてはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。