FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨取材旅行3日目  滝リベンジ

さて、取材旅行3日目。
朝9時より下呂市の市長さんと教育長さんに表敬訪問が実現しました。
今年3月に行われました東京フィルによる下呂市交流会館のこけら落としコンサートのお礼や、以前に下呂市内のたくさんの小学校で演奏させていただいたことのお礼の言葉を直接申し上げることができて良かったです。
そして、現在活動している豊田さんとのプロジェクトを熱く語り聞いていただけました。
口下手な自分には大変な緊張でしたが、豊田さんの援護に非常に助けられました。
豊田さん、ありがとうございました。また、間を取り持ってくださった伯母と旅館の若旦那の田口さんには大感謝です。

スーツから動きやすい姿に変わり、その日は前日断念した養魚場にまず向かいました。
豊田さんが現在制作に関わってらっしゃる「釣り魚 川魚編」タイトルは定かではありませんがこのような趣旨の図鑑のための魚体の撮影です。

活きた魚を石の上などに横たえての撮影は、はたから見ていても大変そうでした。なんせじっとしてませんから・・・
魚の撮影の後はもう一度「あかがねとよ」と「からたに滝」に向かいました。(写真はからたに滝です。)
というのも、前日にある情報を手にしていましたので、それを確かめねばなりません。

からたに滝

ある情報とは、「昼間のわずかな時間、からたに滝のしぶきに虹がかかる!」
というものです。

これはぜひ見たい!「からたに滝」の前でしばらく粘りました。気温は冷え込んでいて体から体温を奪っていきます。
太陽が雲に隠れたり顔を出したりしながら日の光が降りてきました。期待はふくらみます。


しかし!!!なんと光が水面まで届かなかったのです。
秋の低い太陽だと駄目なのか。目的の現象はきっと夏なら・・・
また次回、必ず見に来るぞー!!

この後、馬瀬川沿いの道を車でさかのぼったりしまして、その日の取材は終了です。この日一日付き合ってくれました交流会館の二村君、ありがとうございました。(つづく)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morijunichi

Author:morijunichi

東京フィルハーモニー交響楽団の
ファゴット奏者 森 純一 です。

2010年9月にCDを発売致しました。(税込1800円)
(プロフィール写真はCDジャケットです。)


CD「森純一 Made in 飛騨」ご注文・お問い合わせフォーム


収録曲についてはこちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。